エンジニア向け名刺 デザイン見本

副業用に名刺をもう一つ

終身雇用が保証されなくなりつつある現代において、副業を視野に入れる人は増加傾向にあります。特にエンジニアは、フリーランスはもちろんのこと、社員でも副業がしやすい環境にある方が増えてきているのではないでしょうか。 しかし、特別にご自身でコネクションがない限り、なかなかいい案件が見つからないケースが多いのも現実です。 エンジニアとして開発する技術力だけではなく、自分で開拓する営業力が必要になってきます。 副業として良い案件を獲得するためにも、印象に残る名刺があると心強いものです。 そんな方のために、エンジニア向けの最適な名刺デザインを一部紹介します。

得意分野のアピール

クライアントとのミスマッチを防ぐためにも、得意分野を明確に記載しましょう。 データベース周りが強い、フロントエンド側が強い、または、マーケティングもできるエンジニアなのか。 ご自身が一番得意なこと、あるいは、楽しいと感じる分野を記載しておくと、面接でも会話のきっかけをしっかり掴むことができます。

経験開発言語の記載

エンジニアにとって、最も大切な開発言語のアピールもしっかり記載できるスペースを確保しましょう。 言語の種類毎に色を自由に使ってみると、読み手も分かりやすくなりますね。 細部にもテクニックを駆使することで、技術力の高さを印象付けることもできます。

ポートフォーリオもQRコードと簡単連携

クライアントや企業にもよりますが、ご自身のポートフォーリオがあるに越したことはありません。 名刺のQRコードと連携すれば、その場ですぐにアクセスしてもらうことができ、円滑にアピールとコミュニケーションができます。

テンプレートならビスタプリントにおまかせ

ビスタプリントでは、あなただけのカスタマイズ名刺を豊富なテンプレートから選んで作成して頂けます。 約5000種類のオリジナルデザインからご自身を表現するイメージにぴったりの1枚が必ず見つかります。 副業の成功のためにオリジナル名刺を作成し、個人ブランドを確立する第一歩としてご活用下さい。

関連トピック

デザイナーと働くコツ5つ

デザイナーと一緒に作業すると、洗練されたウェブサイトを構築...

もっと読む

不動産向け名刺 デザイン見本

営業力が非常に重要な不動産業界において、優秀な人ほど独立や開業を視野に入れる人も多いのではないでしょうか。

もっと読む